EDのことで悩んでいる男性 EDの悩みを解消した男性

今では様々なED治療薬があります。今までEDで悩んでいた方も、もう心配する必要はありません。種類による性質をはじめ、薬選びや注意事項の基本的な所から解説していきます。

疲労時のED治療薬の服用は大丈夫?

体調が万全のときに服用することをおすすめします。リスクがある医薬品として知られており、心臓に負担をかけるのがED治療薬と言われていますが、それは少し異なります。ED治療薬が心臓に負担をかけているわけではなく、その作用によって負担が掛かっていることを理解してください。勃起は血液の流れで生まれます。性的興奮を感じたときに血管が拡張することで、普段はスポンジのようになっている海綿体に血液が流れることで、硬く大きくなるのが男性器です。EDを訴える方はその作用が弱く、それを改善するのが治療薬です。血管を拡張させて、平滑筋を弛緩する物質の分解を防ぐ役割を果たすことから勃起力を高めることができます。ED治療薬を服用すると血管が拡張することで、心臓に負担をかけてしまいます。よって医薬品そのものが心臓を悪くするわけではありません。またセックスそのものが心臓に負担をかけています。心疾患を患っている方はセックスを禁止されるほど、体力を使う行為です。疲労時にED治療薬を使いその作用によって心臓に負担をかけ、なおかつセックスをする行為はリスクがあることがわかるでしょう。そのような状態で服用しセックスをすると発作が起きる可能性もあります。そもそもED治療薬を服用しなければならない人こそが心臓に負担をかけ続けていることも忘れてはいけません。EDの症状を訴える人の多くが動脈硬化や糖尿病、また心疾患になるリスクファクターを持っている男性になります。勃起不全はそのような病気になっている可能性を知らせるサインです。普段から心臓に負担が掛かっていることが理解できるでしょう。EDであることを感じたのであれば、速やかに診察を受けることをおすすめします。